技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。

特定のURLを表示するWebアプリを簡単に作る

投稿日: 2019年1月2日

いつも開いているWebサイトをアプリとして独立させたいときはたまにある。(そのページをタブで表示しても良いのだが専用アプリっぽくしたい) アプリ開発の経験があれば、WebViewを貼るだけの簡単なプログラムを作ればよいが、いちいちそんなことをしなくてもChromeでは標準でWebサイトを表示するアプリ的なのを作れる・・・が、その方法がChromeがアップデートされると時々変わってしまうので、この記事を書いている2019年1月での最新バージョン(71.0.3578.98)でのやり方を示す。 今回はTweetDeckを例に説明する。 TweetDeckはTwitter公式のWebブラウザ用のクライ…(続く)

[Windows] cmd(コマンドプロンプト)実行時に自動的に特定のコマンドを実行する

投稿日: 2018年12月26日

Bashの.bashrcのようにWindowsのcmd(コマンドプロンプト)を実行したときにパスなどを通したり、特定のコマンドを実行したい時がある。 そういう場合はcmd.exeの/kオプションを利用すると良い。 今回は自動的にプロキシを通すように設定する例を取り上げる。 1. 実行したいコマンドのバッチファイルを作る 適当な名前(ここではproxy.bat)でバッチファイルを作り、そこにコマンドを記載する。 ここではhttpプロキシを「http://hogehogehoge.hoge:8080」に、httpsプロキシを「https://hogehogehoge.hoge:8080」に設定する…(続く)

Windows版GVimでフォントを変更し、gvimrcに保存する

投稿日: 2018年12月20日

WindowsでGVimを使うとデフォルトだと日本語のフォントが汚いので変更したいが、GVimを終了するとフォントの設定が消えてしまい、次回起動時に元に戻ってしまう。 gvimrc(設定ファイル)に保存すれば次回起動時にもフォントの設定が反映されるが、フォント名などの設定方法が分かりづらいのでメモする。 ※ここで用いるGVimは香り屋さんのGVimです。他のGVimでは操作が異なります。 GVimでのフォント設定 Gvimのツールバーの「編集 > フォント設定」からフォントの設定が可能である。 ここで好きなフォントを指定できる。 私は比較的小さくしても日本語フォントが汚くならない「HGゴシック…(続く)

[Windows10] マイコンピューター(PC画面)に3Dオブジェクトなどのフォルダを表示させない

投稿日: 2018年10月16日

Windows 10のエクスプローラー(PC; 昔はマイコンピュータと呼ばれていた)上には個人フォルダ(ホームフォルダ)である「3Dオブジェクト」,「ダウンロード」,「デスクトップ」,「ドキュメント」,「ピクチャ」,「ビデオ」,「ミュージック」のフォルダのショートカットが表示されている(下の画像の赤い枠で囲まれた部分)。 (ダークテーマを適用しているのでエクスプローラーの背景が暗いが気にしないで) よく使うフォルダは良いが、3Dオブジェクトなど、普段使わないショートカットが表示されるのは鬱陶しいし、これらが表示されることによってラップトップPCなどの小さな画面の端末ではスクロールしないとデバイ…(続く)

[Linux] スリープのたびにディスプレイの配置が変わる (デュアルディスプレイ)

投稿日: 2018年9月11日

私が使っている2枚のディスプレイとPC(OS: Ubuntu)の組み合わせでは、なぜかスリープから復帰したりロックを解除すると、ディスプレイが1つ切断されていて真っ黒になっていたり、配置が変わってしまっていたりする。 原因はわからないが、毎回毎回ロックを解除するたびに配置が変わるのは困る。 いちいち設定し直すのが面倒くさかったので、ロック解除時に自動的にディスプレイの配置を設定するスクリプトを作った。 とは言っても、以前の記事である、デュアルディスプレイの配置をコマンドで変える(xrandr)と、画面のロック・アンロック時にコマンドを実行するを組み合わせただけである。 まずは以下のようなスクリ…(続く)

[Linux] 画面のロック・アンロック時にコマンドを実行する

投稿日: 2018年9月7日

※この記事はUbuntu, GNOME3の環境での動作確認を行っています。 画面がロックされるとき、またはロックが解除される時に特定のコマンドやスクリプトを実行したい時、以下の様なコマンドを入力する。 $ dbus-monitor –session “type=’signal’,interface=’org.gnome.ScreenSaver’” | while read x; do case “$x” in *”boolean true”*) ロック時に実行したいコマンドや…(続く)

[Linux] デュアルディスプレイの配置をコマンドで変える(xrandr)

投稿日: 2018年9月6日

Linuxでデュアルディスプレイの配置や解像度の設定をコマンド上から実行したい場合、xrandrを用いる。 このコマンドはウィンドウマネージャーに共通である。 まずはxrandrを引数無しで実行する。 以下に実行例を示す。 $ xrandr Screen 0: minimum 8 x 8, current 3520 x 1200, maximum 32767 x 32767 DP1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis) DP2 disconnected (normal left inverted right x axis…(続く)

notify-sendコマンドでLinuxデスクトップに通知を送る

投稿日: 2018年8月30日

notify-sendコマンドを使えば、ウィンドウマネージャーに関係なくデスクトップにポップアップ通知を送れる。 基本形は$ notify-send SUMMARY BODYとなる。SUMMARYにはタイトル、BODYには通知内容を入れる。スペースが入る場合はダブルクォーテーションで囲む。実行例は下の画像の①になる。 SUMMARYは省略可能である -uオプションで緊急度が指定でき、通知のアイコンが変わる。 -uオプションには、low, normal, criticalが指定できる。 GNOME Shellでの通知例を以下の図に示す。 ② $ notify-send -u low test &…(続く)

[Windows] cmd(コマンドプロンプト)でプロキシを通す

投稿日: 2018年8月22日

Windowsのcmd(コマンドプロンプト)でプロキシを通すコマンドのメモ。 プロキシはset http_proxy=http://[username]:[password]@[url]:[port], set https_proxy=http://[username]:[password]@[url]:[port]で設定出来る。 例えば、username: hoge, password: hogehoge, url: hogehogehoge.hoge, port: 8080のときのhttp_proxyの設定はset http_proxy=http://hoge:hogehoge@hogeh…(続く)

Web上から画像を収集(スクレイピング)するスクリプトを書いた

投稿日: 2018年8月13日

機械学習などで画像を収集したいことがある。 学習用の画像は、買ったり、自分で撮影したり、公開されているデータセットを使ったり、インターネットから拾ってきたり、と様々な方法で入手可能である。 今回はインターネットから画像を拾ってくるスクリプトを書いたのでそれの記録を残す。 なお、ここで示すのスクリプトや規約は記事投稿時点での内容となっている。そこからWebサイトの仕様や規約が変わっていなければそのまま使えるはずである。(仕様は結構変わるのでその都度変更が必要になる。) 概要 画像検索サービスにはGoogle, Bing, Twitterなど様々なものがあるが、規約的にだめだったり、検索ページがJ…(続く)