技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



Android 9 (Pie)で時計を秒表示する (Xperia対応)


Android 9 (Pie)からステータスバー(通知バー・通知領域)の時計の表示が左側に移った。
また、今まではステータスバーをおろして歯車の設定マークを長押しすることでUI調整ツールを出すことが出来、そこから時計の秒を表示することができたが、Androidのバージョンアップをしたら設定を長押ししてもUI調整ツールが出てこなくなった。ただこの機能が削除されたわけではなく、内部的には残っているため、その機能を呼び出すことで、Android 9でも以前のようにUI調整ツールを出して時計に秒表示することができる。





 
このページではその方法を示す。





 

1.ショートカット+をインストールする

Playストアでショートカット+をインストールする。





 

2.アプリを起動し、アクティビティを選択する






 

3.システムUIデモモード(com.android.systemui.DemoMode)を選択し、起動する

アクティビティ一覧が出てくるので、上の検索欄から「ui」などと打ち込んで、システムUIデモモード(com.android.systemui.DemoMode)を探し出し、タップして出てきたメニューから「起動してみる」を選ぶ。





 

4.システムUI調整ツールが起動するので設定をする

システムUI調整ツールが起動する。ここまでくれば後はAndroid 8以前の方法と同じである。
「ステータスバー」→「時間」をタップしたメニューから「時間、分、秒を表示」を選択することで、時計が秒まで表示されるようになる。





 

これで完了である。
以下のようにステータスバーの「時:分」表示が「時:分:秒」に変わった。

一度設定してしまえば、ショートカット+は削除してしまっても構わない。
再度「時:分」表示に戻すには同じ手順で最後に「時間、分を表示(標準)」を選択すれば良い。



タグ:
投稿日: 2019年7月30日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。