技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



ImageMagick+Rubyでファイル名の情報を写真に入れる


良い写真が撮れたら、後で見れるように保存するだろう。
それを数年後に見たときにどこで撮ったか思い出せるだろうか。
写真を撮影したGPS座標や日付などから辿ることもできるが、アルバムのように写真内に日付や場所などメモを入れたいことはある。
今回は写真のファイル名を写真内に埋め込むサンプルを紹介する。
ここでは下記の画像のように右下にファイル名の情報を表示する(ファイル名: 江の島サムエル・コッキング苑_神奈川・藤沢_2020.jpg)。写真をクリックして拡大して見るとわかりやすい。





 
使うのは一般的に使われているImageMagick。
ファイル名の取得なりフォントサイズの計算なりはRubyで行うことにした。
rmagickを使えよと言われるかもしれないが、あれは環境構築が結構面倒くさいので、今回は高度なことはしないので、convertコマンドを直に叩くRubyスクリプトを作った。




 
早速だがコードを置いておく。(実行は自己責任で。実行前に念のために画像のバックアップを取っておいたほうが良いだろう。)

やっていることだが、
①カレントディレクトリ以下のすべてのjpegファイルをピックアップ
②「A_B_C.jpg」の方式の名前ファイルのみをリストに追加(以下、リストに追加された画像全てに行われる)
③各画像ファイルに対して画像の大きさ(ピクセル数)を取得してそれに合わせて埋め込む文字のサイズを計算(解像度の高い画像ほど大きな文字サイズにすることで見た目上どの大きさの画像でも同じ大きさの文字に見えるようにしている)
④ファイル名をパースして計算した大きさの文字を画像右下に埋め込む

ここで、「A_B_C.jpg」のAは地名, Bは所在地, Cは日付が来ることを期待しており、例えば「江の島サムエル・コッキング苑_神奈川・藤沢_2020.jpg」の入力に対して「江の島サムエル・コッキング苑(神奈川・藤沢) 2020」と写真に印字される。
なお、③において、identifyコマンドで画像の解像度を取得しており、面倒くさいのでidentifyコマンドの出力をgrepして使っているという雑な作りになっているので、grepが使えない環境(Wndowsなど)では固定値にするか他の方法で実現する必要がある。同様にmakedirコマンドも面倒くさいので直打ちであるので必要に応じて変更を行う。





 
実行すると、カレントディレクトリ以下のJPEGファイルで「A_B_C.jpg」の方式の名前ファイルに対してそれに合わせた文字を埋め込んだ画像をoutputディレクトリに出力する。
なお、日本語を表示する場合は日本語フォントを指定する必要があり、上記ではカレントディレクトリ内の「sazanami-gothic.ttf」を指定している。
これを環境に合わせて正しく指定する必要があるので注意。
なお、肝となっているconvertコマンドでの文字入れであるが、こちらはWeb上に腐るほど情報が転がっているのでここで細かい説明は割愛するが
「convert “入力ファイル名” -font フォント名 -fill フォントカラー -gravity 位置 -pointsize フォントサイズ -annotate 向き “埋め込む文字列” “出力先”」で指定する。




 

好きなように適当に改造して使ってほしい。



タグ:
投稿日: 2021年1月2日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。