技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



[Windows] cmd(コマンドプロンプト)実行時に自動的に特定のコマンドを実行する


Bashの.bashrcのようにWindowsのcmd(コマンドプロンプト)を実行したときにパスなどを通したり、特定のコマンドを実行したい時がある。
そういう場合はcmd.exeの/kオプションを利用すると良い。
今回は自動的にプロキシを通すように設定する例を取り上げる。





 

1. 実行したいコマンドのバッチファイルを作る

適当な名前(ここではproxy.bat)でバッチファイルを作り、そこにコマンドを記載する。
ここではhttpプロキシを「http://hogehogehoge.hoge:8080」に、httpsプロキシを「https://hogehogehoge.hoge:8080」に設定する例を用いる。(cmdでのプロキシの通し方はここを参考)

[proxy.bat]

バッチファイルの先頭に@echo offをつけると設定している様子がechoされなくなるので見せたくない場合は書いたほうが良い。(この例では書いている)
作ったバッチファイルは適当な場所に保存する。(ここではわかりやすいように「D:\proxy.bat」に保存する。)





 

2. cmdのショートカットを作る

適当な場所にcmdのショートカットを作る。
Windows 10ではスタートで「cmd」と検索し出てきたコマンドプロンプトのアイコンを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択する。

エクスプローラーで表示されたコマンドプロンプトショートカットをコピーし、適当な場所に貼り付ける。





 

3. cmdのショートカットのリンク先を変更する

2で用意したコマンドプロンプトのショートカットを右クリックしてプロパティを開く。
「リンク先」に最初から書かれている%windir%\system32\cmd.exeの後に半角スペースを入れてから/kオプションと1で用意したバッチファイルを指定する(/k D:\proxy.bat)。
つまり、D:\proxy.batを実行したい場合は、リンク先は%windir%\system32\cmd.exe /k D:\proxy.batになる。

入力したらOKを押してショートカットが完成する。





 

4. ショートカットを実行する

出来たショートカットを実行すれば、自動的に指定したbatファイルが実行された後にプロンプトが出るようになる。
よく使う場合は右クリックしてタスクバーにピン留めすれば、タスクバー上からショートカットを呼び出せるようになる。
なお、スタートにピン留めしても素のcmdが呼び出されてしまうので出来ない。
これで.bashrc的なことが出来た。めでたしめでたし。



タグ:
投稿日: 2018年12月26日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。