ブログ

どうでも良い事を書きます。



Android TVがGoogle Homeに応答しなかったが直った


我が家ではAndroid TV(Bravia X8500シリーズ)を使っており、Google Home miniと組み合わせることでいちいちリモコンのマイクボタンを押さなくてもスマートスピーカーに向かって
「OK Google, テレビつけて」、「OK Google, Youtubeで面白い動画を見せて」などと話せば自動的にやってくれて便利だ。

だがある日、「OK Google, テレビつけて」などと話しかけても「すみません、エラーが起きました。もう一度試してください。」と、Google Home経由ではテレビの操作が一切できなくなってしまった。
直前にAndroid TVのアップデートなどは行っておらず、ネットワークの環境も良好だった。
テレビを初期化したりGoogle Homeを初期化したりしてみても全然直らない。
ただ、テレビで音が出ているときに「OK Google」とスマートスピーカーに話しかけるとその後の言葉が聞き取りやすいように自動的にテレビを消音にし、話し終わったら自動的にもとの音量に戻るなどの連携はできているため、完全にGoogle HomeとAndroid TVがお互いを認識していないわけではなさそうだ。

これはAndroid TVかGoogle Home(Google Assistant)の問題だろう(Googleはよく勝手にアップデートしてデグレさせることあるし)。放っておけばアップデートが降ってきて直るだろう、と考えしばらく待ってみることにした。そして約2週間後、試しにスマートスピーカー(Google Home)にテレビを付けるよう話しかけると使えるようになっていた!!
Android TVの更新プログラムなどはなかったので、おそらくGoogleのサーバーの問題だったのだろう。
なにはともあれ直ってよかった。ただ原因がわからなくていろいろ試してしまって大分時間を潰してしまった。「すみません、エラーが起きました。もう一度試してください。」何も情報がないエラーは本当に困る。もう少し詳細を教えてくれないとどのように対処すればよいのかが検討つかないのでやめてほしい。最近エラーが起こっても、エラーが起こった旨をユーザーに伝えるだけでそれ以外の詳細情報を何も教えてくれないプログラムが増えてきてイライラさせられることが増えてきた。これが世の中の流れなのか。そうだとしたら退化しているとしか思えない。極論を言えば「あなたの友人の〇〇さんは亡くなりました」と突然言われ、その死因も教えてもらえないのと同じようなものだ。

それと、昔はPCやガジェットで「何もしていないのに壊れた」「何もしてないのに動かなくなった」なんて言われてもだいたいユーザーが何かやったことが原因で起きていてだいたいそういう言葉は信じられなかった(何もしてないのに壊れるわけない)が、インターネットが普及して自動的にアップデートが動くようになると実際に「何もしてないのに動かなくなった」というのが実際に起こるようになった。昔はだいたい初期化すれば直ったがサーバーに問題がある場合はそれでも直せないし場合によっては自分の機器(クライアント)が壊れてしまったのではないかと不安になることすらある(というかどちらに問題があるのかを切り分けるのが困難)。複雑な世の中になったものだとつくづく感じる。昔が良かったな~。

大分話がそれてしまったが、Googleはこういうのがよくあるので、何か突然おかしなことが起こったらしばらく待ってみるのは手かもしれない。



投稿日: 2019年4月25日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。