技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



[Windows] cmd(コマンドプロンプト)でプロキシを通す


Windowsのcmd(コマンドプロンプト)でプロキシを通すコマンドのメモ。
プロキシはset http_proxy=http://[username]:[password]@[url]:[port], set https_proxy=http://[username]:[password]@[url]:[port]で設定出来る。
例えば、username: hoge, password: hogehoge, url: hogehogehoge.hoge, port: 8080のときのhttp_proxyの設定はset http_proxy=http://hoge:hogehoge@hogehogehoge.hoge:8080となる。
認証が不要の場合は[userneme]:[password]@が省略できset http_proxy=http://hogehogehoge.hoge:8080、ポート番号を指定しない場合は:[port]が省略できset http_proxy=http://hoge:hogehoge@hogehogehoge.hoge、どちらも省略した場合はset http_proxy=http://hogehogehoge.hogeとなる。

bashrcなどのように設定ファイルを読み込めれば良いが、cmdにはその機能はないので、毎回打ち込むか、バッチファイルに記載してそこからcmdを立ち上げるしかなさそうである。



タグ:
投稿日: 2018年8月22日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。