技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



GNOME3でアプリケーションメニューにランチャーを追加する (alacarteを使用しない方法)


FedoraやCentOSなどのウィンドウマネージャーであるGNOME3(GNOME Shell)は昔は評判が悪かったが、徐々に改善されて、現在ではかなり安定してきて使いやすさも向上してきている。
しかし時々やり方がわからず、不便に思うことはある。

今回はアプリケーションメニューにランチャー(ショートカット)を追加する方法を記述する。
なお、この記事ではFedora25を例にしている。
ここで言う「アプリケーションメニューにランチャーを追加する」は「アクティビティ」を押した画面で「アプリを表示する」を押した画面に表示することを指す。
この画面である↓
Screenshot from 2017-02-08 15-38-45

最も一般的なのはalacarteを使う方法である。
ターミナルでalacarteコマンドを打ち込むことでメニューを自由にカスタマイズ出来る。
(インストールされていない場合はsudo dnf install alacartesudo apt-get install alacarteなどでインストールしましょう)

ただ、何らかの理由でalacarteを利用できなかったり、それ以外の方法でメニューにランチャーを入れたいと思うことはあるだろう。
そんな時には~/.local/share/applications直下にランチャーを入れるだけで自動的にアプリケーションメニューに表示されるようになる。
つまり、ターミナルで

cd ~/.local/share/applications
nautilus . &

みたいな感じで表示してそこにランチャーを入れるだけで良い。




タグ: ,
投稿日: 2017年3月10日
最終更新日:





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。