技術メモ

後で同じ状況が起こった時に思い出せるように技術的なちょっとしたことをメモする。ベストな解ではない。



GTK+で強制的に画面(ウィジェット/ウィンドウ)を更新する


GTK+を用いて簡単なGUIアプリケーションを開発する時、毎回忘れてしまうのでメモ。
重い処理をさせながらプログレスバーやラベルなどのウィジェットを更新したい時、スレッドを立ててUIスレッドがビジーにならないようにすることが多いが、どうしてもメインスレッドで更新したい時がある。
そんな時、Tcl/TkではTk::updateを用いるがGTK+ではgtk_main_iteration()を用いる。RubyではGtk::main_iteration, Pythonではgtk.main_iteratiom()である。
これを更新したいタイミングで呼び出すことで、強制的にウィンドウ(ウィジット)を更新(リフレッシュ)して最新の状態にすることができる。
非常に簡単だが、実際に開発している時にこの関数(メソッド)名を思い出せない事が多いので、ここに記録しておく。



タグ: , ,
投稿日: 2017年11月30日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。