ブログ

どうでも良い事を書きます。



「時間」の対義語が「空間」なのに納得できない


先日、「時間」の対義語(反対語)が「空間」であることを知った。
理解できなかった。

理由を調べてみても納得できなかった。
「時間は1次元だけど空間は3次元で全然違う性質だから対義語」みたいな回答が多く出てきた。
次元的な違いで対義語になるのであれば「点」の対義語は「線」にだってなりうる。
対義語は正反対の意味を持つ言葉の関係であると自分は理解しているが、これらの性質は全くことなるだけで正反対とは言えないと思う。
誰が「時間」の対義語が「空間」なのかを定義したのか知らないが、是非理由を聞きたいところだ。

と、思っていろいろ調べてみたが、最終的に哲学の話に行き着いた。
goo辞書によれば、以下の様な解説がされていた。

哲学で、あらゆる事象の最も基底的、普遍的な存在形式。また出来事が継起する形式。過去・現在・未来の三様態をもち、常に一方向に経過し、非可逆的である。
哲学で、あらゆる事象の根本的な存在形式。それ自体は全方向への無限の延長として表象される。

うん、やっぱりわけわからない。
自分には1次元と3次元の違いくらいにしか受け取れない。

ただ「時間」の対義語が「空間」であることの由来は哲学から来ているということだけでもう納得してしまった。
理由は哲学だから。それだけで良い。
どうせ自分は哲学なんて理解できないものだから、自分が理解できない概念によって「時間」と「空間」が反対の意味になっているのだと分かればそれだけでスッキリする。
いや、スッキリはしないが、それ以上詮索しようとする気はなくなり、この問題は自分の中では解決したことにしてしまう。

まあとりあえず、一般人には理解できない哲学的な理由で「時間」の対義語が「空間」であることを覚えておこう。


[追記 (2019/11/1)]
面白いコメントを頂いていますので是非↓のコメント欄も覗いてみてください。



投稿日: 2017年3月10日
最終更新日:





コメント (4)

  1. 対義語と反対語は違うものだと思います。
    白の反対は何ですかって言われたとき反対語なら黒ですが、対義語だと日本では紅白と言うので紅もありですよね。
    対義語は犬派・猫派のように性質がh逆じゃなくても比較対象としてよく選ばれる2つって言う意味では正解でしょう。

    1. コメントありがとうございます。
      確かに対義語には、反対の意味の他に対照的な関係にある言葉も指すとされています。参考:https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%AF%BE%E7%BE%A9%E8%AA%9E/#jn-132800
      また、おっしゃられているように比較対象としてよく選ばれる2つという意味であれば該当するかもしれません。
      白の対義語は?という質問に対しては黒と答えても紅と答えても良いかもしれません。しかし、テストやクイズで「空間」の対義語は何かと問われた時に、「物体が存在しないで空いている所」に対して「詰まっている状態」である「密集」を答えとして書いたら不正解とされてしまうのではと思います。
      それは「空間」に対して「時間」が対義語として定義されているからだと思います。そのこと自体が理解できないのです。

  2. 私も、同様に納得がいかないものですが検索しました。しかし、もっともらしい回答をしている
    方々は何件も(質問箱などに何人も)ありましたが、哲学的観点からしたり顔での内容でした。
    物理を履修していないオレでも 「やい!こらっ! あんたの論理展開と理由と帰結は、科学的
    数学的にも無茶(説得力と論理で)だぞ!!」のオンパレード。 以下に理由を述べます。

    「時間」
     連続しています。 どんな論理や実験でも、時間を止めたり遡るのは不可能です。で す が、
    時間を延ばす(相対的に、逆側からすると縮めること)というのは、アインシュタインの提唱し
    た理論だけでなく、スイスの巨大実験装置「セルン」で近似値ですが観測されました。

    「空間」
    三次元という、X Y Z軸の正負という両方向(双方向)に広がっているものです。そ し て、
    同じくアインシュタインにより、空間は歪む(変化する)。 これは、計算で導かれた太陽の大
    きな重力により、太陽周囲の空間が歪みます。 その歪んだ空間を通路として光が進行するので
    本来は、ある月日の地球から太陽が盾になって観測できない星(恒星とか)が、地球上の光学望
    遠鏡で見えちゃう・・・という観測実験で立証。 近い論法でブラックホールも逆説的に観測。
    つまり、地球上の1立方メートルは、太陽やブラックホール近くでは同じ体積ではない。常に
    どこでも一定ではないのです。

    この時間と空間の性質を対比させても、間逆の要素がありません。 クイズの回答者の立場な
    ら渋々答えますが、論理的には納得できません。

    1. コメントありがとうございます。
      時間と空間が対になるような反対の性質を持っているということを論理的に説明することは難しいということですよね。
      どんな人がどういう理由で時間と空間が対義語だと定義したのかが気になりますね。
      こういうものだとして覚えるしかないというのが腑に落ちないですよね。

コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。