ブログ

どうでも良い事を書きます。



FF9(PS4リマスター)をやった感想


前回はFF8をプレイしたので次はFF9(Final Fantasy IX; ファイナルファンタジー9)をクリアしたので感想を残していきたい。
ちなみに裏ボスのオズマは倒していない。ミニゲーム系は面倒くさいと感じてしまうので・・・。





 

ストーリー・世界観・音楽

前作のFF8がかなり異質だったのもあり、9はどうなるのかと思っていたら、FFっぽい感じの世界観とストーリーだった。
特にFF1・3・5の世界観に近く、結構ファンタジー寄りである。(FF2・4・6・7のように現実的な感じではない。)
原点回帰と呼ばれているだけあって、過去のFF(1~5)をやっているような感覚はあった。
ストーリーの楽しさはまあまあ、といったところ。
主要メンバーは8人いるがFF4・6・7・8のように深堀りがしっかりされている感じではない。個性がないと言っているわけではなく人間と人間のドラマがFF4・6・7・8のようにある感じではない。

世界としては最初の霧の大陸という大陸のストーリーの多くの時間を過ごした感じがする。FF7のミッドガルみたいなかんじだろうか。
ストーリーは結構シンプルでり難しくはない。エンディングもハッピーエンドで良かったな、という感じ。
また、原点回帰と言ってロゴの背景にまで全面的に出しているクリスタルだが、本作ではラストダンジョンの最後の方にちょろっと出てくるだけであり、物語の根幹だった1, 3, 5に比べて扱いが雑すぎる。無理やりクリスタルに絡めているようにしか見えず、これだったら登場させないほうが良いのではないか?と思ってしまうほどだった。
ストーリーの若干短めといったところだ。40時間くらいでクリアした。

通常の戦闘曲(バトル1)~勝利のファンファーレはFF6までの感じを踏襲していて良いと感じた。
また、主題歌の「Melodies of life」も良かったと感じた。それ以外の音楽はまあまあかなと言う感じ。
↓FF9のバトル1

まとめるとストーリー・世界観・音楽は4とか6とかが好きな私からするとつまらなくはないけどまあまあかなといった感じである。





 

システム

6ぶりの4人パーティーだったり、隊列(前衛・後衛)が復活したり、白魔法・黒魔法の区別があったり、とFF6までのシステムを意識している。
装備できる武器やアビリティーが違うことでキャラクターに個性も持たせていることもFF6のように良い。
私自身FF6のシステムは好きなので、この辺のシステムは良いと感じた。
ただ、両手持ちや二刀流などの装備の自由度などはなくなってしまっており、乱れ打ちなどもないため通常の攻撃では必ず1回、つまり最大で9999ダメージしか与えられない。
FF6とまでは簡単に9999ダメージは出せたがFF9はFF8と同じように9999のカンストダメージは物理攻撃では出しづらくなっている。とはいえ通常攻撃や魔法などで8000以上のダメージは簡単に出せるのでバランスとしてはちょうどよいかもしれない。
また、味方の最大HPも伸びにくくなっていることもあり、敵のHPはボスを含めて少なめに設定されており、敵は簡単に倒せる。
ボスはだいたい、「え、もう倒したの?」となる。そのため難易度はかなり低い。他の作品では全滅させられそうでヒヤヒヤしたり強くて大変だから会いたくないと思っているモンスターがあったりしたがFF9はそういったことは一切なかった。強いボスも居ないし強い敵も居ない。敷いて言えばサボテンダーが少し強いくらいで、基本的には全滅とはほとんど無縁だった。もう少しハラハラさせてくれても良かったのではないか。

一番の問題は戦闘のシステムである。
基本的にはFF6を踏襲したATB(アクティブタイムバトル)システムだが、戦闘自体がかなりもっさりとしており、サクサクとは進まない。
エンカウントしてからコマンドが打てるまでの時間も長いし、何よりもいちいちエフェクトが長く、その間もATBゲージは溜まりつづけるので、あっという間に全員のATBゲージが満タンでコマンドを入力している状態なのに誰も動けない状態が起こってしまう。いわゆる行動渋滞が常に起こってしまっており、イライラする事が多い。特にこれは物語が進んでいくと顕著に起こる。味方は順番待ちしているのに敵はバンバン割り込んできたりしてそれが非常にむかつく。FF6やFF8ではこんなことは起こっていなかった。テンポよく戦闘が進められないのは是非改善してほしい。
あとは本作品ではトランスゲージが導入され、それが溜まると自動的にトランスし、一定時間そのキャラの能力が増えたり特別なコマンドが使えたりするのだが、発動タイミングを選べないのが非常に不便。FF6のティナのようにタイミングさえ決められれば使い勝手が良かったのにと感じる。

グラフィックはFF8と大きくは変わらない。相変わらずどこが道でどこが出口でなどは分かりづらいが、宝箱や調べられる場所でフィールアイコンが出てくるようになったのは良かった。
ムービーはPSにしてはクオリティーが高い。





 

まとめ

全体的にまとめると、ストーリーはまあまあ、システムは戦闘のもっさり以外はそこそこ良い。
このゲームを他の人に勧めるかという観点では、FF1・3・5が好きな人にはおすすめできるが、そうでない人は微妙かもといったところ。
消してつまらないわけではないので時間があるならやるのが良いと思うが、まだやったことがない人がいるのなら4, 6をやったほうが良いと助言するだろう。
FF1~9を私の中で総合的に順位づけするとしたら、6->4->5->7->9->3->8->1->2 となると思う。

↓レベルはすぐに上がるので、全員をLV99まで上げてみたキャプチャ



投稿日: 2020年9月27日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。