ブログ

どうでも良い事を書きます。



CONVERSE(コンバース)の穴を塞ぐ


コンバースの土踏まず付近に空いている謎の2つの穴、ありますよね?
砂利道を歩いたときとかにあそこから砂とか小石とか入ってきたり、ちょっとした雨で水が入ってきたり、、でデメリットしか感じない。
調べてみると通気孔としてとか、紐を通すためのものだったりと役割はあるようなのだが、自分にとっては意外と邪魔だったりする。
なので、この穴を埋めてみようと思う。

意外とうまく行ったのでやり方を残すことにする。
同じ悩みを抱えている人は参考にしてほしい。





 
使ったのはグルーガン(ホットボンド)。

コインみたいな金属の板を穴の反対側にあてがって穴にボンドを詰めていった。
1分くらい冷ましてからコインを取るという作業で意外とうまく行った。




 
やってみるとこんな感じ。
よく見たらわかるけど普通に履いている分には気づかれないと思う。
水や砂を穴に向かってかけてみたが入ってくることはなかったので目的は満たされた。

ボンドなので水に濡れて白くなったりふやけたりしないか心配だったが、10分ほど水につけてみたが特に問題は起こらなかった。
1週間ほど履いてみたが今の所問題も起こっていないので、この対処で問題がなかったことを確認できた。
もちろん、該当箇所からの水や砂の侵入もない。が、もともと甲のあたりから砂は侵入しやすいので、マシになった程度かもしれない。CONVERSE Leoとかであれば、多少水たまりに入っても水は防げそうである。

真似する人はこれによって通気性が悪くなったり、失敗してしまう可能性もあるので、自己判断・自己責任で。



投稿日: 2020年6月24日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。