ブログ

どうでも良い事を書きます。



花粉対策に空気清浄機を買った


毎年春が来ると花粉でやる気が削がれる。
ボーっとするし、眠くなるし、目も痒くなるし、皮膚も乾燥して荒れて痛痒いし、くしゃみや鼻水も出るし、息苦しくて夜の寝付きも悪くなり、最悪の時期である。
昨年はそこまで多くは感じなかったが今年は昨年より花粉飛散量が多く、くしゃみが止まらず辛かった。
特に睡眠の質がとても下がるのは日中の仕事に大きな影響を与えてしまうしストレスにもなって良くない。





 

空気清浄機を導入!

症状を少しでもマシにしようと、空気清浄機を購入した。
花粉症対策に空気清浄機の導入を検討しているひとは参考にしてほしい。
型落ち品ではあるが私の6畳の部屋にはオーバースペックなPanasonicのF-VC70XRを購入した。
花粉の時期は肌がとても乾燥するので加湿機能があり、花粉の除去機能がある空気清浄機にした。
購入から約2ヶ月。部屋は常に窓を締め切って常時空気清浄機を花粉撃退モード(標準)で運転させている。





 

花粉症対策に空気清浄機の導入は効果があったのか

これはあくまで個人の意見ではあるが、花粉除去機能のある空気清浄機の導入はある程度花粉症の症状軽減に効果があると思う。
というのも導入の前後で部屋にいる時のくしゃみの出る回数や鼻詰まりの頻度が感覚的に半分くらい減り、また室内で目が痒くなることも減ったし、頭がボーっとする症状も和らいだ。
そして加湿機能があるので起床時に喉がガラガラになったり肌がカサカサになって痒くなったりすることも減った。
これはもしかしたら気候的な要因かもしれないし、単なるプラシーボ効果かしれないが、いずれにしろ、空気清浄機の導入によって楽になった感じはあるので購入してよかったと感じる。
ただ値段に見合った効果とはいえず、コスパは悪い。(花粉症を忘れるほどの効果は得られず、あくまで花粉症の症状が多少軽減するだけ。アレジオンやクラリチンなどの薬の方が効果は高いと思う。)

とはいえ、この時期だけではなく通年で使えるし、フィルターを掃除するときにたくさんのホコリが付いているのを見て、空気がこんなに汚かったことに驚き、空気清浄機がなかったらこれが部屋の空気に漂っていたのか…と感じ購入したこと自体に不満はない。





 

この加湿器(F-VC70XR)の微妙な点

最後に不満な点も挙げておく。

  • 花粉撃退モードで稼働すると水の消耗が激しく、毎日補充が必要。
  • 水が切れると雑巾が生乾きしたような匂いが出てくる。臭すぎる。
  • あと水が切れると給水アラームが鳴ってうるさい。寝る前に水を満タンにして寝ないと深夜にこいつに起こされる。
  • 1Rの部屋に置くのにはでかすぎる。





 
なお、この記事はあくまで個人的な意見で、万人が同じ効果を期待できるとは限らないことを承知したうえで参考にしてほしい。



投稿日: 2021年4月16日





コメント (1)

コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。