ブログ

どうでも良い事を書きます。



日本語配列のREALFORCE RGB(AEAX02)を買った


前々から欲しかった日本語配列のREALFORCE RGBを買った。
店頭でもあまり置いていないので、全く触ることなくなってしまったが、2~3日使ってみて買って非常に良かったと思ったのでここで紹介(プチレビュー)する。





 

REALFORCE RGB(日本語配列)とは

東プレの静電容量無接点方式のキーボードの1つ。キーの中にフルカラーLEDが仕込まれていて光る。
記事執筆時点では日本語配列の静電容量無接点方式のキーボードはPFUのHappy Hacking Keyboard Professionalシリーズか東プレのREALFORCEシリーズしかないが、その中でも、キーボードが光る仕様になっているのはREALFORCE RGB (型番: AEAX02)だけである。
静電容量無接点方式なので値段はそこそこするが、なめらかな押し心地で指が全然疲れず、非常に良い。打鍵音は比較的静かである。
以下に楽天Amazonのリンクを張ったが、だいたい2.4万円程度である。





 

中身の確認とセットアップ

箱を開けると、中にはマニュアルとキーボード本体のみしか入っていない。

ケーブルは約1.5mで幅x奥行きx高さ=46x15x4cm(ただしキーボードの足を立てると高さは+1.5cmになる)で重量感は結構あるので持ち運びには向かない。
日本語配列で10キーも搭載している。また、FnキーでWebブラウザ, メーラー, 電卓, メディアプレイヤー, エクスプローラーなどをのショートカットが使え音量調整, ミュートも独立したキーで存在する。
また説明書に書いてあるURLからダウンロード・インストールできるソフトウェア「REALFORCE Software」を用いることで設定が変更できる。





 
せっかくなのでソフトウェアで設定できることを簡単に紹介する。
まずはAPC(Actuation Point Changer)。これはスイッチをどのくらい押したらONになるかを変更できる。キーごとに1.5mm, 2.2mm, 3.0mmから選べる。


Key Lockでは使わないキーを封印することができる。
私の場合は、Caps LockとInsertキーは使わないので無効にした。

なお、Caps LockとCtrlを入れ替える設定も行える。

RGB-LEDでは点灯パターンを3つまで設定したり、予め用意されたアニメーションパターンの設定をしたりできる(※アニメーション自体は自分で作れない)。
設定したパターンやアニメーション演出の変更はFnキーといくつかのキーの組み合わせで呼び出せる。





 
一通り設定が終わったら、キーボードに設定を保存することで設定が反映される。





 

点灯パターン例

デモモードでの動作例。(いくつかのアニメーションが順番に流れる)


押したボタンが光るように設定した例。

とても綺麗である。
とても良いので気になる方は是非検討してみてください。



投稿日: 2018年8月14日
最終更新日:





コメント (1)

コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。