ブログ

どうでも良い事を書きます。



USB給電可能なミニ扇風機を買った① (時計表示機能付き編)


今年も夏がやってきた。
オフィスや学校の冷房は寒がりな人に合わせて温度が設定されてしまう。
私はとても暑がりなので、そのような環境では冷房が付いていても暑いと感じて仕事などに集中できなくなる。
寒い場合は着ればましになるが、暑い場合は脱ぐ限界がある。
そのため、団扇や扇子などを用いるか個人向けミニ扇風機などが必須になってくる。
今まではデスクにダイソーで324円で買った安いUSB駆動の扇風機を使っていたが、壊れてしまったので、新しいものの購入を検討していた。
しかし、店頭で箱に入った状態やAmazonや楽天の説明やレビューだけでは風量や音の大きさなどが全然わからない。
店頭で見本を見れればよかったが、あいにく小型のUSB駆動扇風機を展示している店がなかったので、結果として満足の行く扇風機を買うまで、3台も買うことになってしまった。
折角3台も買ったので、参考がてら、1台ずつ紹介していく。
今回はそのうちの1つ目の「ファン回転時に時計表示がされるバーサライタとファンが一体化した扇風機」を紹介する。





 

USB CLOCK FAN

「USB CLOCK FAN」はなんと、羽根にLEDが仕込まれていて、電源を入れて回転させるとバーサライタのようにアナログ時計が表示されるUSB電源駆動の扇風機である。
そんなに高くなく、面白いのと、現在時刻が意外と便利かもしれないと思って買ってみた。
以下の楽天Amazonのリンクのように、だいたい1000円位で購入できる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

USB 時計 扇風機 ミニファン 面白い扇風機 USB CLOCK FAN
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

実際に購入すると、とてもシンプルなパッケージと本体が届く。
パッケージの説明は英語だが、ボタンは1つしかないので難しいことはない。

早速、USB電源に接続して電源ボタン(プッシュボタン)を押すと回転を開始し、2~3秒後にアナログ時計が表示された。
長針・短針・秒針が表示され、1秒毎にきちんと秒針が動く。

もちろん扇風機なので風も出る。





 

詳細・使用感など

ファンの部分を拡大した写真を示す。

片方のファンにはチップLEDが17個搭載されている。
回転部分の根本にボタンが1つ付いており、このボタンを1回押すと電源が入り、もう一度押すと電源が落ちる。
電源が入ると回転とともに自動的に時刻が表示される。
時刻表示はOFFにはできないようだ。
ボタンを長押しすることで時刻を設定するモードに入り、ボタンを押すことに針が進んでいく。時刻設定は難しくなく、設定したい時刻まで針を進めたら、数秒ほど待つと設定が確定する。
電源を切っても時刻はきちんと保存されており、次回電源を入れたときには正しい時刻を差した。
どのように時刻を保存しているかはわからないが、内蔵電池みたいのが入っているのだろう。丸一日電源を供給しなくても正しい時刻を差すことを確認した。
なお、時間の精度に関してはわからないが1日で狂うことはなかった。
時計は常に同じ向きで表示される。





 
羽根は全部で2枚で、回転時の直径は約9cmである。
ファンの根本からUSB差込口までは針金のように形状を記憶する素材でできており、約32cmほどある。
給電ポートが遠いときには使いづらいかもしれない。




 
肝心の扇風機の性能だが、最初から期待はしていなかったが、あんまり涼しくない。
ファンの大きさが小さく、お祭りなどで打っているハンディファンと同じくらいの大きさなので、風量は小さい。
私にとっては全然足りなかった。
音もモーターの回転音が結構する。

扇風機の用途としてはあまり使えないが、風力が弱くてもよく、面白いものが低価格で欲しい人にはおすすめできる。





 



投稿日: 2018年6月29日





コメントを残す

回答をお約束することは出来ませんので予めご了承ください。
コメントは承認されると表示されるようになります。
コメントを送信する前に「私はロボットではありません」にチェックを入れて下さい。